conoyubi interior & lifestyle shop

CASE STUDY

商品に込められた人の温もり:大槻様邸:インタビュー

大槻様邸 / 神栖市 /  夫婦+5歳と3歳のお子様
2020年10月導入

・ オーダーカーテン Lif/Lin
・ ハグみじゅうたん
・その他 雑貨の多数

旭市から車で40分、神栖市のとある国道から少し脇道に入ると現れるログハウス風の建物が大槻さんのお住まい。庭に積み上がった薪と大きな煙突が特徴的で、室内は無垢材の良さが際立ちます「友人のお店の方に紹介されてコノユビさんを知りました。ちょうどこの家に入居する1ヶ月前、理想のカーテンが見つからなくて悩んでいた時期だったんです」

モノを見て買えるカーテンコーナー

柔らかいリネンのカーテンが好きで、部屋を優しい雰囲気にしたかったそう。周辺のお店を何軒か探してもリネンのカーテンは見つからず、困っていたところでのコノユビとの出会い。

「いまはネットで何でも買える時代ですが、わたしは実際に見て買いたいタイプなんです。その物が持つ空気感や雰囲気に触れることを大切にしています。見て、触って、相談できるconoyubi2階のカーテンコーナーは、そんなわたしにはピッタリでした」

うたた寝しても寒くないハグみじゅうたん

じゅうたんを考え始めたきっかけは息子さんたちだったそう。「肌寒くなり始めた時期に、冷たい床で絵本を読んでいる息子がかわいそうで…お店を訪れたときに敷いてあったハグみじゅうたんに一目惚れしたんです。肌触りはもちろん、実際に使っているスタッフさんからの体験談も参考になりました」。

たまにストーブの前で寝てしまう旦那様も、じゅうたんの上だと寝ても暖かいと満足気だといいます「水やお菓子をこぼしても安心だし、毛足が長くて肌触りもいいので、子ども達は絵本をよむだけでなく、プレイマットのようにも使っているんです。通気性もいいから蒸れずに暑くならないという夏の使用もこれから楽しみです」。

決断できないわたし スタッフの気遣い

なかなか決断できない性格という大槻さん、実はカーテンもじゅうたんも、conoyubiスタッフの加藤さんの後押しが購入の決め手だったといいます。「わたしの意向を汲んで作っていただいたプランを、押し付けがましくない言葉使いで丁寧にご提案いただいていました。この場所をカーテンではなくシェードにしたのも加藤さんのアドバイスがきっかけです」。

柄のパターンが多いじゅうたんも、やっぱり実物が見たいと足を運んだのは千葉の展示会でした。「展示会のことを教えてくれたのも加藤さんでした。会場ではやはり目移りしてしまい加藤さんに電話で相談。後日、決めきれないので日にちが空いてしまったら心配のお電話もいただきました。話を聞くと、実はこの柄が生産終了で最後の1枚だったので、取り置きしてくれていたとのこと。感謝と同時に驚きました」。

施主の意見に流されるような担当の方とは違い助かったという大槻さん「加藤さんは親身になりながららも筋が通っていらっしゃってとても頼りになりました。いまではカーテンもじゅうたんも大満足です」。

商品のセレクションとスタッフの魅力

何か購入する際は実際にモノを見たいという大槻さん。何か欲しいと思ったらまずconoyubiに足を運ぶといいます。「お目当てのアイテムが見つかっても、店内を歩いているうちに他にも欲しいものが見つかるのがconoyubiセレクションの特徴だと思います。我が家にもカゴ、写真立て、時計や花瓶、マット、棚などたくさんあります。なにかあるんじゃないかなって思い通ってしまう魅力があるんですよね」。

もうひとつの通う理由にはconoyubiスタッフの魅力もあるといいます「カーテンやじゅうたんなどの大型の商品でなくてもスタッフの親切さは変わりません。例えばこの間は、カレーのお皿が小さくてと悩んでいたところ、カタログを用意して探してくれたり。他の仕事もあるだろうにそこまでしてくれる優しさが嬉しかったし、conoyubiスタッフさんの魅力だと思います」。

商品に込められた人の温もり

ネット通販では込めることが難しい人との温もり、conoyubiの商品にはそんな価値も詰まっているといいます。「我が家にたくさんあるconoyubiさんの商品、それらひとつひとつを見る度に、購入したときのお店での会話や記憶が思い出されます。それってとても素敵なことだし、そういう役割ができるお店って少ないと思うんです。商品と品揃えとスタッフの魅力が詰まったお店だからこそできること、これからも大切にして欲しいです」。

購入した商品に付加価値が付けられるとしたら、それは商品と過ごす思い出なのかもしれません。思い入れのある品物が増えると暮らしが楽しくなる「せっかく購入するなら長く使いたいから」。度々出てきた大槻さんの言葉の背景には、そんな想いがあったのかもしれません。

大槻さんご一家の新居での生活は始まったばかり。これから積み重ねられる家族のストーリーは、月日を重ねるごとに愛着が増すたくさんの商品と共に紡がれていきます。

conoyubiでは、インテリアコーディネートやホームステージング を承っています。お気軽にお問い合わせください。


-conoyubi-
interior &lifestyle shop

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

1F  雑貨  ギフト  ベビー  キッチン
2F  家具  インテリア  スタジオ

営業日《月・火・木・金・土》
open10:30 / close17:00

〒289-2504  
千葉県旭市二の1720

☎︎ 0479-62-1548
https://conoyubi.jp/

PREV BACK to LIST NEXT